引っ越し会社の始まり

公開日: : 最終更新日:2013/11/27 見積り

引越し屋さんはいつ生まれたかご存知でしょうか。引っ越し自体は大昔からあった文化なのですが、今のように引っ越しを仕事にしている業者というのは実は結構最近の時代なんですよ。というわけで、今回はそんな引っ越し会社の歴史のお話を。

今のような引越し業者が生まれたのは、昭和50年代です。それまでは運送業者の人に依頼をして荷物を運んでもらっていました。当然今のように梱包などのサービスはしてくれません。渡せばそのまま裸で持っていきます。当然割れ物は簡単に割れますので、自分で梱包作業しなければいけません。
なので昔の人は貴重品や割れ物は自分で運ぶというのが基本だったそうです。

しかし、ときは昭和50年代。オイルショックにより大不況です。お金がないから無駄を切り詰めるということで、運送は自分でする。という人が増えたため運送業者は一気に仕事が激減しました。そしてどうするか話し合った結果、引っ越しを商品にしよう。という結論が出ました。
これが引越し業者の始まりです。

費用はどれほどのものかはわかりませんが、大事なものを大事に運ぶというまさに痒いところに手が届くような仕事のおかげで、引越し業者は運送会社のピンチを救ったのです。
そして今、引越し業者は無くてはならない業者へと成長しました。

No tags for this post.

関連記事

no image

大きなミス

今回は、少しシャレにならないたぐいの失敗と、それに対する対処方法の説明をしましょう。題して、大きなミ

記事を読む

no image

場所を探す

引っ越しをする目的や理由はたくさんあります。それは人それぞれです。ですが、1つだけ共通していることが

記事を読む

no image

サービスが知りたい!

折角たくさんの引っ越し業者と見比べることができるんですから、費用面の見積もりだけではなくて、サービス

記事を読む

no image

運転免許証

今回は地味に重要なお話です。題して、運転免許証の手続きです。結構忘れている人が多いと思われますが、引

記事を読む

no image

体験から学ぶ

失敗したらやり直せれますが、家の引っ越しのやり直しとはなるべくしたくないもの。なので、今回は失敗をな

記事を読む

no image

梱包・服

今回は日用品の中でも大事なものの一つ。衣服の梱包についてお話しましょう。衣服の梱包は梱包の中でも注意

記事を読む

no image

水道の引っ越し

今回は生活する上では無くてはならないライフライン、題して、水道のお話です。水は人が生活する上ではネッ

記事を読む

no image

ユニークな選び方

引越会社の判断基準ですが、費用以外にもユニークな選び方があります。ただユニークなだけでは無く、ちゃん

記事を読む

no image

順序を考えよう!

引っ越し業者を決めるのは、これまでに紹介したような、欲しいサービスとか、料金とか、あと引越しの日取り

記事を読む

no image

ダンボールの片付け

今回は引っ越しも終わり、最後に残った後始末についてお話しましょう。題して、ダンボールの処分方法です。

記事を読む