引っ越し会社の始まり

公開日: : 最終更新日:2013/11/27 見積り

引越し屋さんはいつ生まれたかご存知でしょうか。引っ越し自体は大昔からあった文化なのですが、今のように引っ越しを仕事にしている業者というのは実は結構最近の時代なんですよ。というわけで、今回はそんな引っ越し会社の歴史のお話を。

今のような引越し業者が生まれたのは、昭和50年代です。それまでは運送業者の人に依頼をして荷物を運んでもらっていました。当然今のように梱包などのサービスはしてくれません。渡せばそのまま裸で持っていきます。当然割れ物は簡単に割れますので、自分で梱包作業しなければいけません。
なので昔の人は貴重品や割れ物は自分で運ぶというのが基本だったそうです。

しかし、ときは昭和50年代。オイルショックにより大不況です。お金がないから無駄を切り詰めるということで、運送は自分でする。という人が増えたため運送業者は一気に仕事が激減しました。そしてどうするか話し合った結果、引っ越しを商品にしよう。という結論が出ました。
これが引越し業者の始まりです。

費用はどれほどのものかはわかりませんが、大事なものを大事に運ぶというまさに痒いところに手が届くような仕事のおかげで、引越し業者は運送会社のピンチを救ったのです。
そして今、引越し業者は無くてはならない業者へと成長しました。

No tags for this post.

関連記事

no image

新年最初の引っ越しについてのお話は車についてです。東京都内や大阪など、交通機関が発達しているところで

記事を読む

no image

順序を考えよう!

引っ越し業者を決めるのは、これまでに紹介したような、欲しいサービスとか、料金とか、あと引越しの日取り

記事を読む

no image

ユニークな選び方

引越会社の判断基準ですが、費用以外にもユニークな選び方があります。ただユニークなだけでは無く、ちゃん

記事を読む

no image

われもの注意

引っ越しの歳、荷物を積めるダンボール。これはホームセンターや近所で簡単に入手できますが、問題が一つ。

記事を読む

no image

大きなミス

今回は、少しシャレにならないたぐいの失敗と、それに対する対処方法の説明をしましょう。題して、大きなミ

記事を読む

no image

ダンボールの片付け

今回は引っ越しも終わり、最後に残った後始末についてお話しましょう。題して、ダンボールの処分方法です。

記事を読む

no image

感謝の気持

今回は、殆どの人にとってはあまり参考にならない話かもしれません。しかし、引越し業者さんに感謝の気持を

記事を読む

no image

燃料の存在

引越しで言う燃料とは、輸送に用いる車両のガソリンと暖房器具やオイルランプに用いる灯油、オイルを指す場

記事を読む

no image

梱包・CD

今回は日用品の梱包についてのお話です。題して、CDなどのワレモノの梱包です。ビデオはもうすっかり廃れ

記事を読む

no image

悪徳業者について

今回のテーマは結構重要。悪徳業者について。です。世の中前任だけではなく、業者は全て優良企業というわけ

記事を読む