料金を安くできる依頼時間

公開日: : 費用を抑えるコツ ,

f157251c72cafb1542af36151665e17b_s

引越し費用は意外とかかるもので、できることならば安く済ませたいというのが本音です。そのためには複数社と比較したり値引き交渉をしたりということがよく言われているのですが、もっと単純な方法で引越し費用を安くすることもできます。それには、料金を決定するメカニズムが関わっています。

引越しの料金はさまざまな要素を複合して決定するものですが、そのなかには引越しを行う時間帯というものも含まれています。引越しの時間帯について気にする人はあまり多くないようで、一般的には自分の都合のいい時間帯を指定します。しかし、よくよく考えてみればわかることだと思うのですが、引越しにおいて都合のいい時間帯というのは、ほとんどの人に共通しているのです。

引越しは大掛かりな作業ですから、必然的に多くの時間を取られてしまいます。この段階で、まず夜の引越しは選択肢から外れるでしょう。また、引越し作業が終わった後に荷解きやもろもろの作業をしなければいけないことを考えると、あとの時間も十分に確保しておく必要があります。そうなると、午後から引越しを行うというのもあまり効率のいいものではありません。こうして考えてみると、必然的に午前中に引越しを行うのがもっとも都合がいいということになります。引越しを依頼する人のほとんどがこの考えに基いているわけですから、引越し依頼は午前中に集中することになり、その分料金は高くなってしまいます。予定が詰まればその分スピーディーに作業を行わなければいけないわけですから、人件費もかさむのです。

逆を言えば、午後は引越しを依頼する人が少なく、その分引越し費用も安くなりますし、時間を長くとれることから作業も丁寧になることがあります。自分たちの都合と業者の都合のどちらを優先するかという話ですが、これによって料金が大きく変わることもあるので、できれば業者の都合を考えてあげるほうがいいでしょう。
業者の都合を考えるということですが、これの究極とも言えるものが「指定なし」の活用です。指定なしとは文字通り時間の指定をしないというもので、いつ引越しを行うのかは業者の予定しだいということになります。しかし、業者としては自分たちの都合のいい時間帯に引越しを行うことができるので、その分費用はもっとも安くなります。翌日に仕事がある場合などではなかなか選ぶことが難しい「指定なし」ですが、引越し前後に余裕が持てるのであれば便利な方法だと思います。

Tags: ,

関連記事

kazoku

赤ちゃんがいる引越し

時には赤ちゃんがいる状態で引越し、というケースもあります。 お腹の中にいる場合と乳幼児の場

記事を読む

gakuwari

学割で上手に引越し

  新学期や進学を機に引越しをするという方も多いのではないでしょうか。 学

記事を読む

tisiki

知識を備えて挑む

  見積もりを立てて、梱包資材はどのようなもので…というように引越しにはある

記事を読む

no image

3月、4月は料金が高くなるので避ける

引越しの費用は荷物の量や移動する距離、日時、作業人数、保険料などによって決定されるものですが、高いと

記事を読む

matanitexihikkosi

マタニティ引越し

  以前に乳幼児がいる引越しについてお話をしましたが、今回はマタニティの引越

記事を読む

konpakuto

コンパクトプランの活用

  単身引越しの場合、荷物がかなり少ないというケースもあると思います。 そ

記事を読む

a0006_002881

月末・月初・土日は避ける

引越しはその費用もさることながら、時間も手間も大いにとられるものです。引越しの準備を始めれば1日

記事を読む

oogatakagu

大型家具の運び方

引越しでは荷物がたくさん出ますが、特に見積もりに影響するのは大型家具です。 費用を抑えたい

記事を読む

PAK59_gacyagacyaboru20140208500

パック料金が安くてもオプション料金があるので注意

引越しを業者に依頼する場合、そのサービス内容や料金というものはあらかじめいくつかのプランとしてま

記事を読む

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

インターネット契約でキャッシュバックをもらう

新居への引越しはただ生活空間が変わるというだけではなく、さまざまなことを見直すいい機会にもなりま

記事を読む