3月、4月は料金が高くなるので避ける

公開日: : 費用を抑えるコツ

引越しの費用は荷物の量や移動する距離、日時、作業人数、保険料などによって決定されるものですが、高いときと安いときの差は意外に大きいものです。そのため、少しでも安い条件になるように調整するのが、引越し費用を抑えるもっとも手っ取り早い方法になります。

安い条件、とはいうものの、その条件にはどのようなものがあるのかは知らない人が多いと思います。荷物の量、移動する距離、作業人数などは、どれも数が少ないほうが安くなることはなんとなくわかると思います。しかし、日時に関してはイメージがわかないもので、いつが安いのか検討がつかない人も多いでしょう。引越しはいつ行うのがいいのでしょうか。

引越しの日時を考えたとき、絶対に避けたいのは3月と4月です。この時期は引越し料金が1年でもっとも高く設定されていて、特別な理由がなければ避けた方がいいでしょう。

なぜ3月・4月の引越し料金が高くなるのかということですが、新生活のスタートと重なっていることが大きな要因になっています。学校の入学や会社の入社というのは4月に行われますが、引越し自体は前の月である3月から頻繁に行われます。どちらかと言えば3月のほうが多いくらいで、これは前の月から新居に入って準備をしたいと考える人が多いからでしょう。

昔は自分の住んでいる地域での進学・就職が多かったのですが、ここ最近は交通機関が発達したこともあって都市部に人が集まるようになっています。地方在住の人は進学・就職を機に都市部に出てくる人も多いもので、そういったことから昔に比べて引越しの数も増えています。

また、3月・4月と同じく気をつけたいのは9月頃です。この辺りは転職の時期であり、3月・4月に比べると落ち着きは見せますが、やはり引越しの数は多いものです。昔のように終身雇用が当たり前ではなくなってきている今、この時期での引越しも増えていきそうです。

逆にどの時期なら安いのかというと、これらのシーズンが終わった後、6月頃や12月頃が狙い目と言えます。これらの時期は大規模な移動が終わった後であり、入学・就職や転職のように生活環境が変わるような大きな出来事は起こりにくいものです。そのため、この時期に引越しを行うと、もっとも安い費用で行えることが多いです。

3月のピーク時と6月などを比べると、その費用には大きな差が出ます。引越しの時期に融通がきくのであれば、3月・4月はできるだけ避けるようにしたほうが懸命です。

No tags for this post.

関連記事

PAK59_gacyagacyaboru20140208500

パック料金が安くてもオプション料金があるので注意

引越しを業者に依頼する場合、そのサービス内容や料金というものはあらかじめいくつかのプランとしてま

記事を読む

tisiki

知識を備えて挑む

  見積もりを立てて、梱包資材はどのようなもので…というように引越しにはある

記事を読む

kazoku

赤ちゃんがいる引越し

時には赤ちゃんがいる状態で引越し、というケースもあります。 お腹の中にいる場合と乳幼児の場

記事を読む

konpakuto

コンパクトプランの活用

  単身引越しの場合、荷物がかなり少ないというケースもあると思います。 そ

記事を読む

a0006_002881

月末・月初・土日は避ける

引越しはその費用もさることながら、時間も手間も大いにとられるものです。引越しの準備を始めれば1日

記事を読む

dokyo

同居でのポイント

  引越しの背景には様々な事情があるものですが、その中でも少し特殊なものが「

記事を読む

oogatakagu

大型家具の運び方

引越しでは荷物がたくさん出ますが、特に見積もりに影響するのは大型家具です。 費用を抑えたい

記事を読む

gakuwari

学割で上手に引越し

  新学期や進学を機に引越しをするという方も多いのではないでしょうか。 学

記事を読む

f157251c72cafb1542af36151665e17b_s

料金を安くできる依頼時間

引越し費用は意外とかかるもので、できることならば安く済ませたいというのが本音です。そのために

記事を読む

matanitexihikkosi

マタニティ引越し

  以前に乳幼児がいる引越しについてお話をしましたが、今回はマタニティの引越

記事を読む