キャンセルのタイミング

公開日: : 最終更新日:2014/04/15 引越し

予定を立てていても予期せぬ事態でキャンセルせざるを得ないという状況はあるものです。
天候などの関係では業者側から作業は無理と言われることもあります。その場合は当然、キャンセル料金は発生しませんし、多くは当初の見積もり金額のまま延期される形となります。
しかし、荷主側の都合でキャンセルもしくは延期とした場合はどうなるのでしょうか。

では、キャンセルのタイミングと料金について。
まず引越し作業というのは、荷主にとっては一日仕事ですが業者はそうではありません。
業者は長距離輸送を除いては、一日に何件もの引越しを抱えています。その為、最低でも午前と午後に一回ずつは仕事の予定を入れているのです。
その日一日の売上がノルマに関係している場合もあるので、業者にとって見積もりを取り、契約にこぎつけた仕事というのは非常に重要となってきます。

基本的に引越しのキャンセルは2日前までに申請すれば費用はかかりません。
これは標準引越運送約款にも記載されており、業者側がこの運送約款以外に規約を設けていなければこちらが採用されます。
しかし、キャンセル理由が契約を解消するのに妥当でないと判断されれば料金が発生することもあるので注意が必要です。おいそれをキャンセルは行わないのが基本と言えます。

業者は見積もりを取ったから必ず契約しなければならないという訳でもありませんから、選ぶ時に費用やサービス、対応に納得出来ない場合は別の業者を選んだほうがいいでしょう。

No tags for this post.

関連記事

no image

最後までしっかりと!

比較サイトを使って、どの引っ越し業者を選ぶか。その方法について、もうすっかり理解できたと思います!今

記事を読む

引越529

引越しと調味料

引越しをする場合に気になるのが、使いかけの調味料をどうするのかという点です。開封していない調味料の場

記事を読む

no image

引っ越しは計画的に

引っ越しをする時、けっこうバタバタしてしまうと思います。早めに行いけど、なかなか上手に事が運ばなかっ

記事を読む

no image

気配り料金

引越しを行う時に目にするものと言えば、エントランスやエレベーターに施された養生ではないでしょうか。

記事を読む

no image

まとめて運ぶ

引越しの場所や距離は個人差があります。中には離島など、かなりの長距離引越しをすることもあります。

記事を読む

no image

シーズンアイテム

引越しに向けて片付けをしていると、様々な道具が出てきます。 もういらないのならば不用品回収やリサイ

記事を読む

no image

予定外の量

引越しの見積もりを行うのは、多くが1ヶ月前~数週間前だと思います。つまりは、見積もりから引越しまでの

記事を読む

no image

長距離輸送

引越しは様々な土地へ移る可能性がありますが、時には海を超えることもあります。国内でも北海道、本州

記事を読む

no image

特殊な荷物

引越しをする時、様々な家具が出てくると思います。中にはピアノや絵画を所有しているかたもいるでしょう。

記事を読む

tyata

チャーター便の有効活用

引越し費用をお得にしようと考えた場合、荷主が行えるのは梱包と荷解き、家具の配置になります。荷物の

記事を読む