ガス

公開日: : 見積り

2013年最後の引っ越しのお話は、「ガスについて」です。

最近はオール電化によってガスを使わない家というのも増えてきました。湯沸かしも温めも全て電気一つでできる時代になっていますからね。
しかし、やはりガスもまだまだ現役ですし、個人的な感想を言えば電気コンロよりもガスコンロのほうが早く温まりますし、やはり火力が違います。もっとも、電気コンロは電気コンロで火事になる心配が殆ど無いという利点もありますけどね。火力か、安全か。これは人によってどちらを優先するかによって良し悪しがわかれます。火力が弱くても料理はできますしね。
なお、余談ですが本来はガスというのは無臭です。しかし、無臭の場合ガス漏れに気づかずに日をつけて引火して火災になるということもあるのであえて臭いをつけているんですね。

では本題にはいりましょう。
引っ越しの際のガスの手続きは、1週間以上前にガス会社に電話して引っ越しをする旨を告げ、引越し日を報告します。すると当日に係員が来ますので、その日までのガス代の費用を払い、ガスを締めてもらいます。

次に、引越し先での手続きです。
引越し先では新住所の管轄のガス会社に電話し、ガスの開栓の依頼をします。そこで新住所、氏名、引越日、以前使用していたガスの種類などを告げ、そして引越し当日に開栓をします。
この際、ガス漏れのチェックや器具の点検、調整を行いますので立ち会わなければなりません。なので予定は開けておきましょう。

No tags for this post.

関連記事

no image

一時的な引っ越し

期間が定まった引っ越しというものが有ります。栃木に一年間とか、群馬に半年間とか。仕事の都合や何らかの

記事を読む

no image

順序を考えよう!

引っ越し業者を決めるのは、これまでに紹介したような、欲しいサービスとか、料金とか、あと引越しの日取り

記事を読む

no image

独自サービスを利用して

前回は、現地見積もりの正確性について紹介しました。しかし、ネット見積もりでお得になるという情報を掲げ

記事を読む

no image

新年最初の引っ越しについてのお話は車についてです。東京都内や大阪など、交通機関が発達しているところで

記事を読む

no image

レンタカーを活用

引っ越しというのは費用がかかるものです。なので引っ越しのポイントは、以下にしてその費用を抑えるのか。

記事を読む

no image

大きなミス

今回は、少しシャレにならないたぐいの失敗と、それに対する対処方法の説明をしましょう。題して、大きなミ

記事を読む

no image

海外への引っ越しで大事なこと

海外で生活する人は増えているそうです。単身赴任だったり、海外でアーティストとして活動していたり、理由

記事を読む

no image

サービスが知りたい!

折角たくさんの引っ越し業者と見比べることができるんですから、費用面の見積もりだけではなくて、サービス

記事を読む

no image

手間と見積もり

引っ越しの見積もりというものは、どのように決定しているかご存知でしょうか? 費用の面を考えても、な

記事を読む

no image

引っ越し会社の始まり

引越し屋さんはいつ生まれたかご存知でしょうか。引っ越し自体は大昔からあった文化なのですが、今のように

記事を読む