転校について

公開日: : 見積り

今回は子供がいる方のための知識です。題して、転校について。

引っ越しをする際、転校のための手続きをしなければなりません。そして引っ越したあとは転入の手続きをしなければなりません。実はこれはのんきに構えている暇はありません。なぜなら、手続きが遅れると学校に通えない期間というものが発生するからです。なので転入手続きはしっかりとしておきましょう。

まず、転校する場合ですが、まず、住んでいた市町村の役場で住民登録の転出手続きを行い、続いて学校に転退学届けを出します。そして学校側から在学証明書など、もろもろの書類を受け取ります。この書類は貴重なものなので絶対に紛失しないようにしましょう。
この時、担任の先生や、友人に早いうちに挨拶をしておきましょう。ドタバタして言うのが送れると別れの挨拶もできなくなってしまいます。

そして転入です。
こっちは引越し先の市町村の役場で転入届の手続きを行い、転校した学校でもらった書類を提出します。その時に役場の指定する学校の転入学通知書を受け取ります。
そしてその学校へ転入届を提出し、在学証明書も合わせて提出します。この手続きは早く行いましょう。
そうすれば転入手続きは終了です。
これは義務教育である小学校と、中学校の転入、転校手続きであり、高校生はまた少し変わってきます。

No tags for this post.

関連記事

no image

運転免許証

今回は地味に重要なお話です。題して、運転免許証の手続きです。結構忘れている人が多いと思われますが、引

記事を読む

no image

サービスが知りたい!

折角たくさんの引っ越し業者と見比べることができるんですから、費用面の見積もりだけではなくて、サービス

記事を読む

no image

口コミ

比較サイトだけではわからないことがあります。それは評判です。比較サイトには引越し業者のサービス、評価

記事を読む

no image

ユニークな選び方

引越会社の判断基準ですが、費用以外にもユニークな選び方があります。ただユニークなだけでは無く、ちゃん

記事を読む

no image

現地確認の重要性

引っ越しを行う際には、費用を計算するために見積もりを作成します。最近はネット見積もりなども普及してい

記事を読む

no image

ダンボールの片付け

今回は引っ越しも終わり、最後に残った後始末についてお話しましょう。題して、ダンボールの処分方法です。

記事を読む

no image

大昔の引っ越し

今回のお話は歴史のお勉強、大昔の引っ越しについてです。引越し業者の歴史は昭和時代から始まりますが、引

記事を読む

no image

いらないものの処分

今回のお題は「いらないものの処分」です。引っ越しと言うのはある意味、いらないものを一斉処分するチャン

記事を読む

no image

一時的な引っ越し

期間が定まった引っ越しというものが有ります。栃木に一年間とか、群馬に半年間とか。仕事の都合や何らかの

記事を読む

no image

梱包・服

今回は日用品の中でも大事なものの一つ。衣服の梱包についてお話しましょう。衣服の梱包は梱包の中でも注意

記事を読む