いらないものの処分

公開日: : 見積り

今回のお題は「いらないものの処分」です。

引っ越しと言うのはある意味、いらないものを一斉処分するチャンスでも有ります。いらない本、CD、服。荷造りすると必要ないものはどんどんと出てくるものです。なのでそういったものはできるだけ処分をしましょう。いらないものまで持って行ったら、費用が余計にかかる上にかさばるのでじゃまになるだけです。死化し、そのまま捨てるというのはもったいないので、売れそうなものはとっておき、あとで纏めて売りましょう。

いらないものの処分で一番大事な心がけは「捨てる勇気」をもつということです。「まだ使えるかも」と思い、捨てないというのは結局後々になっても使うことはほとんどありません。なので捨てるかどうか少し迷った場合はためらうかもしれませんが、処分をしましょう。

本、CD、服。これらはふう本屋や中古CDショップ、またはリサイクルショップで買いとってくれます。死化し、大抵は二束三文で買い叩かれますので、まずは売る前にインターネットを利用したネットオークションに出してみましょう。
それで買い取りてが入ればリサイクルショップに持って行くよりも高値で買い取ってもらえますよ。
しかし、買い取って貰える確率はあまり高くないので、売れればラッキー。という程度の期待をしておきましょう。もし売れ残ったのなら、その時リサイクルショップに持って行きましょう。

No tags for this post.

関連記事

no image

健康保険

今回のお題は転ばぬ先の杖でもあり、いざというときに絶大な効果をもたらす、国民健康保険についてです。国

記事を読む

no image

大昔の引っ越し

今回のお話は歴史のお勉強、大昔の引っ越しについてです。引越し業者の歴史は昭和時代から始まりますが、引

記事を読む

no image

世界の引っ越し文化

ここらで引っ越しに関する豆知識を紹介しましょう。今回は世界の引っ越しの文化についてです世界で一番引っ

記事を読む

no image

独自サービスを利用して

前回は、現地見積もりの正確性について紹介しました。しかし、ネット見積もりでお得になるという情報を掲げ

記事を読む

no image

海外への引っ越しで大事なこと

海外で生活する人は増えているそうです。単身赴任だったり、海外でアーティストとして活動していたり、理由

記事を読む

no image

引っ越し会社の始まり

引越し屋さんはいつ生まれたかご存知でしょうか。引っ越し自体は大昔からあった文化なのですが、今のように

記事を読む

no image

順序を考えよう!

引っ越し業者を決めるのは、これまでに紹介したような、欲しいサービスとか、料金とか、あと引越しの日取り

記事を読む

no image

われもの注意

引っ越しの歳、荷物を積めるダンボール。これはホームセンターや近所で簡単に入手できますが、問題が一つ。

記事を読む

no image

タイミングを知ろう!

ところで、比較サイトを利用しての、引っ越し業者にかかる費用。いつでも同じ金額の見積もりがでる、なんて

記事を読む

no image

場所を探す

引っ越しをする目的や理由はたくさんあります。それは人それぞれです。ですが、1つだけ共通していることが

記事を読む